新入社員や中途採用の社員を対象にした研修は効果がある

研修は能力の底上げに効果的

採用した人材に対してはしっかりと研修を実施すべきです。何もしなくても育つ人材は存在しますが、研修を実施した方がより速く成長してもらうことができますし、正しい仕事のスキルを身に付けてもらえる点もメリットがあります。研修を実施するからには外部講師を利用したり、自社の人材を活用したりなど色々あるので、全ての方法で大きなコストがかかるわけではないです。ただ、既存の従業員の能力を底上げしたいのであれば、外部講師の力を借りる方が効果に期待できます。豊富な知識と経験のある外部講師に研修を実施してもらえば、多くの従業員が仕事に活かせる知識を学べます。すると、利益の増加という最も喜ぶべき成果に繋がる場合があります。

入社した方に向けて実施したい研修

研修をしっかりと実施したいのは新入社員や中途で採用した人材です。新入社員は社会人としてのスタートを切ったばかりの方が多いため、常識やマナーの習得が必須です。また、仕事で使用する基本的な知識やスキルも研修の時間で習得させれば、実際の業務で力を発揮することができます。中途で採用した人材は転職者の可能性が高いので社会人経験があるので、新入社員のような常識やマナーの勉強よりは仕事で必要な知識やスキルを習得する方が重要です。そのため、新入社員よりは研修にかかるコストは低く済ませられるでしょう。研修後はどれだけ習得できたのかを確かめるためにテストを実施することによって、より良い形で実務の現場に送り出せます。

昨今、社員研修は座学だけではなく、「禅」や「瞑想」を取り入れている企業があります。目的は、マインドフルネスと言って心のエクササイズの一つとしてストレスの緩和や集中力を向上させるため実施されています。