ホームページの基本中の基本!HTMLを書いてみよう!

ホームページの基本的な構成を学ぼう

ホームページを作るには、複雑な設定や操作を行わけなればならないのでは……と難しく感じている方も多いはず。でも実際には、ホームページ作成はそんなに難しいことではありません。「HTMLタグ」と呼ばれる専用の言語を使い、テキストエディタでホームページの内容を記述して、「.html」形式で保存をすれば、ホームページを表示するための「HTMLファイル」の完成です。さらに、「CSS」という言語を使えば、ホームページをさまざまな方法で装飾することもできます。

ホームページ作成の第一歩は、この「HTML」と「CSS」の書き方を覚えるところから。最初のうちは数種類の簡単なタグを覚えるだけでも、きちんとホームページを表示させることはできるので、焦らずに少しずつ知識を増やしていきましょう。

使いこなせれば便利なテキストエディタ

「HTML」と「CSS」を記述する際に必要となるのがテキストエディタなのですが、パソコンに初期からインストールされている「メモ帳」などもテキストエディタに該当します。もちろんメモ帳で「HTML」を書くこともできますが、それよりもおすすめなのは、ネット上で配布されているテキストエディタをダウンロードして活用する方法です。配布形式は有料、無料などさまざまですが、HTML記述のために開発されたテキストエディタには、メモ帳にはない便利な機能がたくさん搭載されています。基本的な部分でも、HTMLタグを色分けして表示してくれたり、入力補助をしてくれたりと、細かな部分での快適性がアップすること間違いなし。ホームページ作成においての心強い味方となるはずです。

ホームページ制作にあたっては、ホームページを記述するルールである「HTML」に関する知識が必要です。また、ホームページを実際に見られるようにするためには、サーバーとの通信に関する知識も必要になります。