知っておきたい!ホームページをデザインする手順

難しいイメージを払拭しよう!

ホームページのデザインとなると、「難しそう」と感じる人が多いです。たしかに少し前までは、専門の言語を使う必要がありましたし、専用のホームページ作成ソフトも高価なものでした。しかし今では、パソコンのキーボードで文字を入力し、マウス操作でアイコンやボタンをクリックすることで、ホームページのデザインができる無料のサービスがいくつも登場しています。ですから、必要なのは、パソコンとインターネット回線です。難しい知識や高価なソフトを使わなくても、作成できますから心配することはありません。さらに、ホームページはいつでも何度でも手直しすることができますから、実際に作成しながら知識を身に付けて、レベルアップしていくことができます。

テーマや構成を考えよう!

ホームページのデザインにおいては、まずはじめにテーマを決めます。一目見て何のホームページかが分かることが理想です。掲載するコンテンツがバラバラでまとまっていないと、訪問者が去ってしまう可能性が高まります。テーマが決まったら、次は構成を考えましょう。どのようなコンテンツを、どのような配置で掲載するのか、訪問者にとってわかりやすい構成にします。基本的なパターンとしては、何か問題があったときのためにも、問い合わせ先は明記しておくのが良いでしょう。問い合わせを受け付ける場合は「プライバシーポリシー」、商品やサービスの注文を受け付ける場合は「特定商取引法に基づく表記」というページが必要になります。デザインは実際に紙に描いてみると、良いアイデアが浮かぶことがあります。

レスポンシブデザインとは、一つのHTMLをCSSで制御して、パソコン、タブレット、スマホなど異なる大きさの画面を最適な状態で表示することです。