ホームページのデザインは視聴者層を意識する!オリジナルは覚えてもらいやすい!

デザインで重要なのは視聴者目線

ホームページでは見る人をある程度想定できるために、視聴者目線でのホームページを作ることができます。特にデザインを視聴者に合わせないで作ると、全く見てもらえないことがあります。これはホームページが好みかどうかを視聴者は一瞬で判断するために、パッと見たデザインだけで読むかどうかを決めるからです。視聴者の好みに合わなければ、すぐに閉じられて、次に開かれることはほとんどありません。それだけ視聴者に合わせたデザインが重要だということです。視聴者に合わせるデザインとして、もっとも大事なのは色使いです。若い男性が見るホームページにするつもりで作っているのに、色がピンクだらけでは開いた瞬間に閉じられてしまいます。視聴者層が好みそうな色使いを多用することで、視聴者が見やすいホームページになるでしょう。

オリジナルのデザインにすると覚えやすい

視聴者はたくさんのホームページを見ているので、自分が探していている情報が載っているホームページを忘れてしまい勝ちです。そこで他のホームページにはないオリジナルな何かを載せておくと、リピートされやすいでしょう。イラスト、キャラクター、写真、背景などオリジナルにするものは何でも大丈夫です。ただし、見てすぐに分かるものの方が効果は高くなります。

凝ったデザインよりシンプルなもの方が見やすい

デザインで重要なこととしては、シンプルに作ることです。ホームページがごちゃごちゃしていると見る気がなくなるという人は多いです。そのため、デザインはシンプルに仕上げることが大事になります。凝ったデザインで作っても見てもらえない可能性が高いでしょう。

レスポンシブwebデザインとは、パソコン・タブレット・スマホといった、端末に合わせてwebページが最適化されるデザインのことです。