経験が無くても大丈夫!ecサイトを作ってみよう!

そもそもecサイトとは何なのか?作り方は?

ecサイトとは、ネット経由の物やサービス売買の総称であるEコマースの頭文字をとったもので、そのような売買を目的としたサイトのことをいいます。ecサイトの中の1つの店として出店するタイプと、自分でecサイトを構築し、自身の提供する物またはサービスを提供するというタイプの2つに分けられます。ここでは自分で構築するタイプのものを紹介します。ではどうやってecサイトを作ればよいのでしょうか。phpと呼ばれるプログラムが作れる人はそれを利用してサイトを構築できますが、そのような知識のない人もいるかと思います。そんな時にはASPと呼ばれるサービスがあり、それを利用すれば簡単に自分のecサイトを持つことが出来ます。その他レンタルサーバーを借りてオープンソースと呼ばれるソフトをインストールして作る方法などもあり、自分の技術や使用頻度に合わせて選択するとよいでしょう。

作ったサイトを実際に運営してみよう!

では、作ったecサイトの運営に関して、どのような業務があるのでしょうか。大まかに分けて外向けの業務であるフロント業務と、内向けの業務であるバックエンド業務の2つに分けられます。まずフロント業務にはサイトの見やすさなどについての意見を基に改善したりするマーケティング業務と、新商品の企画などのマーチャンダイジング業務があります。次にバックエンド業務は商品の基本情報の登録業務、受注や在庫の管理業務、そして売り上げの推移などの総合管理があります。どちらもecサイトの運営において欠かせない業務となります。さらに通販物流ソリューションと呼ばれる物流に関する業務のIT化などにより効率をアップさせるシステムを取り入れることも重要になってきます。

ecサイトの構築には色々あります。自力でも作ることは出来ますが、ecサイト作成のサービスや、ecサイト専用のエンジンなどもあり、初めての人でも安心して制作することが出来ます。